全国永代供養墓・樹木葬ネットワーク

お電話でのお問い合わせ 0120-78-7676 受付時間 9:00 ~ 17:00

お役立ち情報

家族の一員であるペットのお墓と永代供養について詳しく解説します

大切なペットを亡くし、供養方法で迷う人も少なくありません。そんな中、考えておきたいのが、ペットの供養や埋葬するお墓の現状です。お墓の形態は昨今ますます多様化しており、永代供養墓や樹木葬、霊園や散骨など、さまざまな選択肢があります。

本記事では、悔いの残らない選択をするためにぜひ参考にしていただきたい、ペットの供養の流れやお墓の種類について、詳しく解説します。

■ペットのお墓とは

ペットのお墓とは、家族の一員として大切なペットを供養するための特別な場所であり、遺骨を埋葬し、安心して永遠の眠りにつくことのできる場所です。お墓に石碑や樹木、花などを飾ることで、ペットの思い出を永く伝えることができます。

■ペットのお墓の現在

ペットは家族の一員として大切にされており、現在では人間と同じように供養することは自然な考え方となっています。また、最近では、ペットと一緒に入れる区画、霊園やお寺の敷地内にペットの永代供養墓がある場所が増えている傾向にあります。理由としては、家族の一員として大切に過ごしてきたペットと一緒に眠りたいという考えの方が増えてきているためです。

供養してあげたいという、今までの感謝の気持ちなど情緒的な要素だけでなく、お参りができなくなったとしても永遠に供養されるような機能的な要素も備えられてきているのも現状です。美しい環境やアクセスの良さなど、飼い主が安心して供養できる場所として整備されたお墓は、愛情と思い出を大切にする方々にとって、心地よく存在感のある重要な役割を果たしています。

■ペット供養(ペットが亡くなった際)の流れ

ペットが亡くなってしまうのは、とても辛いものです。しかし、どれだけ辛くても考えなければならないのが、ペットの供養です。飼い主としてしっかりと後悔なくお別れするために、ペットが亡くなった際の供養の流れを確認しておきましょう。

■火葬・葬儀

ペットが亡くなった場合には、人と同じように安置し、遺体を火葬します。葬儀はペットとの最後のお別れの場であり、家族や友人と一緒にペットを偲ぶ時間です。葬儀の形式や内容は、飼い主の希望やペットの種類によって異なります。祭壇に花を飾ったり、お経の読み上げや焼香などの儀式を行ったりして、ペットが安心して旅立てるように、これまでの思いを込めてお別れの言葉を伝えましょう。

火葬はペット霊園や火葬場で行われることが一般的です。火葬が終わったら、立ち会った家族が遺骨を骨壺へ収骨します。

■納骨

葬儀が終わった後は遺骨を納骨することが一般的です。納骨は専用の霊園や墓地で行われ、遺骨をお墓や納骨堂に収めます。

家族の世代が変わり、お墓参りに行けなくなったとしても、供養を続けるためには、永代供養墓地を利用することも選択肢の一つとなります。永代供養墓地は、供養が永続的に行われる場所であるため、家族の一員として世代を超え、ペットの存在を記憶する特別な場所となるはずです。

■ペットのお墓(供養)の種類

時代の変化に合わせてお墓事情も変化しており、ニーズに応えるために、さまざま種類が増えています。ここでは、主な4つのお墓をご紹介します。

■ペットの永代供養墓

永代供養墓は、ペットの遺骨を永久に供養するためのお墓を指します。永代供養墓に遺骨を納めることで、家族の一員として敬い続けることができます。次の世代の家族に移り、供養を行うことができなくなっても、永遠にお寺が供養を行ってくれます。

永代供養墓は専門の管理体制が整っており、墓地や霊園の管理・維持が行き届いています。そのため、供養場所を常に手厚く保ち、お参りに来られなくなっても長期にわたって供養し続けることができます。また、近年ではペット専用の永代供養墓だけでなく、家族と一緒に入れる永代供養墓も出てきています。

■樹木葬

樹木葬は、墓石の代わりに、樹木を植えて供養する方法です。しかし、近年では草木や花などで彩られた庭園風のものも増えてきています。自然の中で遺骨を埋葬し、墓石を建てるよりも費用が安く、後継者がいなくても良いところが、選ばれる理由の一つです。

また、 樹木葬では、埋葬地に樹木の成長を記念する記念碑を設置することもできます。ペットの名前やメッセージを刻んだ石碑などを立てることで、思いを永く伝えることが可能です。ペット専用の樹木葬だけでなく、家族と一緒に入ることのできる樹木葬も永代供養墓同様増えてきている傾向にあります。

■ペット霊園

ひと昔前に注目を集めていたのが、専用の墓地や施設を提供し、ペットの供養を行うペット霊園です。供養に関するさまざまな施設やサービスが提供されていましたが、値段が高く管理が難しいことから、現在では衰退してきています。

■海洋散骨

海洋散骨とは、ペットの遺骨を海に返し、自然の一部として永遠に安らかに眠ることのできる供養方法です。ただし、海洋散骨は一般的に特定の海域のみで実施されます。海洋散骨を行うには、船舶やボートを利用して、適切な場所へ移動しなければなりません。時間、手間、そして費用がかかるため、広く普及していません。また、どこでお参りすればいいかわからないなど寂しさを後々感じる人も多くいます。

■ペットと一緒に入れるお墓について

ペットの永代供養が多くなっている中、飼い主とペットが一緒に入れる永代供養墓も出てきています。ペットと一緒に入れるお墓では、通常の家族墓地や永代供養墓地に、ペットの遺骨を納めることが可能です。ペットと共に眠ることで、飼い主とペットの絆が続くことを、願うことができるため人気を集めています。

しかし、まだまだペットと一緒に入れる永代供養のお墓は数が限られているのが現状です。ペットと一緒に入れるお墓を選ぶ際には、各墓地や寺院のルール、条件を確認する必要があります。また、お墓のスペースや料金、管理などについても、事前に確認しておくことが重要です。

→ペットと一緒に永代供養墓で眠りたい方はこちら←